もし自宅の庭に多少のスペースがあれば、ガーデニングをして四季による花の変化や、栽培・収穫などの楽しみを増やしてみると趣味が広がるのでおすすめです。

しかし、その地域の気候や日当たり状況に合った植物やお手入れ方法、隣に植えて問題のない植物など、専門的な知識が必要になってくるので、自分でそれらを一から調べるのは少し手間です。

外構工事会社はお庭に関する全般的な専門知識を持っていますので、外構工事をする際にガーデニングのスペースを作ってみたいと思ったときは、気兼ねなくそれらを外構工事会社に相談してみるといいでしょう。

ガーデニングスペースの作り方にもルールやコツがある

ガーデニングを始めたいと思ったときに、空いているスペースに土を掘って好きな植物を植えればいいというわけではありません。

まずは、花壇や家庭菜園を考えた場合、庭の中に明確なスペースを区切るための処置が必要になります。

レンガや枕木でスペースを囲ったり、高さ30cmほどのブロックなどで囲って高さを上げることで腰をかけながら手入れが出来るという工夫もできます。

そのような囲いの目的としては、見た目をまとめる効果もありますが、植えた植栽や野菜は成長して根を伸ばすので、根があちこちに張りめぐるのを抑制するためでもあります。

同様に、ガーデニングスペースの周りに芝生を植えた場合にも、芝生が広がって中に入ってこないように囲いを設置します。

ガーデニングを楽しくさせるコツとしては、おしゃれな立水栓や作業用具をしまっておく小屋にこだわってみるのもおすすめです。

最近のガーデニングアイテムでは、スタイリッシュな水栓や、スコップやホースなどを保管しておける洋風な小屋など趣向を凝らしたものがたくさんがあります。
外構工事会社はそのようなアイテムもたくさん取り扱っているので、いろいろと提案してもらって素敵なガーデニングライフを送る工夫をしてみてください。

植栽計画にも必要な植物の知識

ガーデニングプランを練る際に、どんな植物を植えてみようかと考えるのも楽しみのひとつですが、樹木・花・野菜・果実など、すべてにおいて適した環境があります。

その地方の気候に合ったもの、日当たりの状況に適したもの、枯れにくいもの、虫がつきにくいものなど、一般家庭で世話のしやすい植物を選んでいく必要があります。

ガーデニングに限らず、外部からの目隠し用や日除けのための樹木を植える際にも同様に知識が必要となってきます。

和室からの眺めとリビングからの眺めでは植える植栽も変わってしますし、ガーデニングプランを含め、住まいの構造やライフスタイルから想像できる植栽計画も外構工事会社に相談していただくと良いでしょう。

外構工事会社は木の種類から提案し、どこにどんな大きさの木を植えたらいいか、どの木とどの木を組み合わせて近くに植えたら見た目がまとまるか等、すべての植栽計画を含めた提案をわかりやすく説明してくれます。


家づくりへの思い

エクステリア事業部長 中島悠太

はじめまして、エクステリア事業部長の中島と申します。
くらそうねエクステリアと他のサービスの最も大きな違いは「家づくりへの思い」です。

くらそうねエクステリアは、年間5,000件ものお客様からご相談をいただいていますが、多くの方が家づくりのワクワク感と不安を両方抱えていらっしゃいます。

私達はそんなお客様のお悩みを解決し、「家づくりを もっと楽しく 分かりやすく 適正にしたい」という思いでサービスを提供しています。
私自身もともとハウスメーカーで営業をしていましたが、メーカーの手が届かないところをお手伝いすることで、お客様には良い家づくりを実現していただきたいと考えています。

株式会社クラッソーネエクステリア事業部長 中島悠太

デザインも費用も納得の外構工事を

ご相談はこちらから※申し込み後に外構工事会社からの営業電話はございませんので、ご安心ください。