「契約書」の記事一覧

「契約書」のポイント

「契約書」カテゴリでは、業者と契約をする際に最も大切な書類である「契約書」についてのQ&Aを、初心者の方にもわかりやすく掲載しています。

契約書は、業者と工事の契約を交わす際に取り交わす大切な書類です。
契約書を取り交わさない限り、契約を完了していることにはなりません。
工事が始まると、契約書の内容で進みますのでいくら打ち合わせの際に口頭で約束していても、契約書の内容が全てとなってしまいます。
そのため契約書は何度も目を通しておかなければなりません。

契約書には、普段あまり使用しない難しい言い回しで細かく事項がかかれており、読むこと自体が大変ですが、契約内容のチェックを見落としないように行ってください。

工期や金額はもちろんのことですが、「請負代金の変更」などもきちんとチェックしておかないと設計内容の変更等で請負金額が減額となった場合、最悪、業者側から契約解除を言い渡され、損害賠償を請求される可能性もあるので、しっかりとチェックしておくことが大切です。

たとえ打ち合わせで業者と約束した事項であっても書類として残っていなければ、後々トラブルになると、口約束だけであれば裁判で負けてしまいます。
少しでも気になる点やわからない内容場あれば、契約書にサインする前に確認をするようにしてください。
契約書に書かれていることは、サインをした以上、全ての内容に納得して同意したと意味となります。

カテゴリ加納

トラブルを防ぐため、契約書のチェックは念入りに

ページの先頭へ