エクステリアの匠 無料見積依頼 menu

外構費用
コストダウンの秘密

良心価格が実現できた3つの秘訣

エクステリアの匠では、様々な工夫を組み合わせることで外構工事のコストダウンを成功させています。
ここでは、コストダウンを実現できた3つの秘訣をご紹介します。

秘訣1建築会社のマージンを削減

建築会社のマージンを削減

ハウスメーカーや工務店といった建築会社に外構工事を依頼した場合、実際に工事を行うのは下請けの外構業者です。
建築会社は施工管理という名目で利益を取りますが、その額は3割前後とかなり高額。
下請けの業者に直接依頼すれば100万円で出来たはずの工事が、建築会社を経由することで150万円以上にまで膨れ上がってしまいます。

エクステリアの匠では、自社施工が可能な外構工事の専門業者850社と提携を結んでいます。
お客様が建築会社を通さずに外構業者と直接契約できる仕組みを作ることで、建築会社のマージンをカットし、コストダウンにつなげています。

秘訣23社の相見積による価格競争

3社の相見積による価格競争

同様の工事内容であっても、外構業者によって見積金額に差が出ることは珍しくありません。
その理由としては、資材の仕入原価の差、工事をスムーズに進めるための工夫、利益率の違い、など様々な要因が挙げられます。
コストダウンを実現するためには適切な価格競争をさせることが大切です。

エクステリアの匠では、3社から相見積によって価格競争を実現するとともに、見積を行う業者に対して「他にどの業者をご紹介しているのか」という情報を漏らさないようにして、談合防止を徹底しています。
これらの工夫により、コストメリットが生まれています。

秘訣3私達も利益を最低限しか取っていません

紹介料の比較

私達のようなマッチングサービスは、お客様に無料で業者を紹介する代わりに、業者から成約時に紹介料を徴収しています。
紹介料の設定が高額だった場合、その一部もしくは全部が見積額に価格転嫁されてしまい、お客様が価格的なメリットを受けられない可能性が生じます。

エクステリアの匠はお客様の利益を最優先に考え、紹介料を存続可能な最低限の水準である「8%」に設定しています。
これは、スケジュール調整代行や専門家コンサルティングが受けられるサービスとしては驚異的な低水準です。
更に、価格転嫁が極力起こらないよう外構業者に協力依頼をすることで、外構費用のコストダウンを実現しています。

お探しの業者がきっと見つかる

まずは3社見積もりから