先日、沖田北海道の地震で多くの方々が被災に合われ又亡くなられた方が沢山おられます。謹んで心よりお見舞い申し上げます。また家内の従妹が札幌市の近郊の江別市に住んでいます。石狩川の扇状地の小高な場所に住んでおります。此の土地は以前私が遊びに行った時に見に行き決めた土地です。以前は崖下の湿気が多い場所に住んでいたので、この場所が最適だと決めた物です。家はプレハブメーカの住宅を立てました。地震や断熱性に優れた物で満足して居られました。此のお宅に3世代が住んでいる家です。此のお宅の息子さんは、お役所に勤めていて、減災や防災に関する事に熱心で私の提案をすべて受け入れて防災グッズを入れる物置まで作り発電機は勿論の事非常食等を家族が10間ばかり過ごせる量を備蓄していたそうです。まさかこの様に早く防災グッズが役立つとは思わなかったとの事でありました。電源が失われて即座に発電機を稼働し家に明かりをつけて過ごしたそうです。朝になるとご近所の方々から携帯電話の充電をしたいとの事で数十台を何回にも亘充電したそうです。備蓄したもので食料もご近所さんに分け与えたの事で、連絡を受けました。家族は勿論の事北海道全域に住む親戚の全ての方の無事を確認し致しました。また従妹の息子さんから長々とお礼と感謝の電話を頂きました。多くの方々のお役に立てたことに嬉しく思います。この様な事から少しでも減災が広がれば良いと思います。・・・はい

 

石川県防災士の親父

 

https://hama-home.jp/hamachan_blog/2018/