業界事情

これまで住宅メーカーやホームセンターの下請け工事を中心としていた外構業者が多く、入金対応がエンドユーザー(消費者)向けになっていないことで現金での振り込みが一般的となっています。
外構工事は電化製品などの完成品を購入する場合と違い、工事内容や仕様の変更によって契約金額から最終金額が変動する場合も多く、支払いの手続きの煩わしくなることも頭に入れておきましょう。

また、前金(着手金)を支払わないと契約できないケースも多いので、契約前にある程度の予算を用意しておく必要があります。
分割の支払い等支配方法についても柔軟に対応している業者も増えており、クレジットカードによる支払いに対応している業者もあるようですが、数は多くないようなので、事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

カードの上限金額や手数料に注意

工事業者がクレジットカードによる支払いに対応していた場合でも、契約内容によって利用可能の上限金額は異なります。
利用手数料にも注意が必要です。
クレジットカード払いに対応している業者でも、利用できる金額に上限があったり、契約時の前金(着手金)としては利用できないなど、利用条件は異なるので注意が必要です。


家づくりへの思い

エクステリア事業部長 中島悠太

はじめまして、エクステリア事業部長の中島と申します。
くらそうねエクステリアと他のサービスの最も大きな違いは「家づくりへの思い」です。

くらそうねエクステリアは、年間5,000件ものお客様からご相談をいただいていますが、多くの方が家づくりのワクワク感と不安を両方抱えていらっしゃいます。

私達はそんなお客様のお悩みを解決し、「家づくりを もっと楽しく 分かりやすく 適正にしたい」という思いでサービスを提供しています。
私自身もともとハウスメーカーで営業をしていましたが、メーカーの手が届かないところをお手伝いすることで、お客様には良い家づくりを実現していただきたいと考えています。

株式会社クラッソーネエクステリア事業部長 中島悠太

デザインも費用も納得の外構工事を

ご相談はこちらから※申し込み後に外構業者からの営業電話はございませんので、ご安心ください。