外構工事をするにあたり、完成に至るまでの流れとして、ヒアリング→設計(図面作成)→打ち合わせ→施工

と進めていきますが、それぞれの部門には専任スタッフが必要となります。

  • 見積りを出したり、要望をヒアリングして打ち合わせを進める営業
  • 要望をもとにして図面を描くプランナー(設計)
  • 現場を管理する施工管理者
  • 工事をする職人

主にこの4部門で完成まで進めていきます。

会社の方針や規模によってこれらの部門の構成がそれぞれ違っていますので、依頼主が何を重要とするかによって業者を決めるといいでしょう。

外構業者の業態は主に3種類

1.営業・設計・施工管理・施工を1人でこなしている業者

家族経営などの小規模な業者では、社長などがすべての業務を一手に引き受けています。

スタートから工事完了まで1人の担当者が対応するので、すべての業務において知識・経験が豊富で、各部門への伝達ミスという事態も起こらず、安心して任せることができます。

人件費がかからないぶん、安い見積り金額にも期待できます。

しかし、1人で動いているので、忙しさによる対応スピードの遅さや、得意なデザインに偏りが生じている場合があります。

2.営業・設計・施工管理を1人でこなし、施工は社内の専任スタッフと外注の職人を利用している業者

実際の工事作業だけを専任スタッフや外注の職人に任せているパターンです。

1.に比べて担当者の業務がひとつ少ないぶん、依頼主としっかり向き合ってもらえることが期待できますが、3部門を1人でこなすだけでも相当な仕事量ですので、1.同様の心配点があります。

3.営業・設計・施工管理・施工とそれぞれ専任がいる業者

中規模~大規模な外構業者の場合、各部門を専任スタッフで分担している業態がほとんどです。

各業務を専門で受け持っているので専門的知識が豊富で、スピーディーです。

ただ、それだけ人件費がかかっているので、依頼主1人に対して携わる人数が多いほど見積りの諸経費や工事単価に影響します。

デザイン設計を重視したいなら「専任がいる業者」がベスト

ファッションの流行と同じように、エクステリアのデザインも年々変わっていきます。
また、見た目のみでなく、施工時の問題点や使い勝手も考慮した新しい案も次々に生まれていきます。

専任のプランナーがいればそのような動きに素早く対応していますので、よりこだわった設計にしたい方は、専任のプランナーがいる業者を選ぶのがおすすめです。

そのデザイナーのデザイン力の高さをはかる物差しとしては、エクステリア部材の大手メーカーが主催しているデザインコンクール受賞経験のあるデザイナーのいる業者を選ぶといいでしょう。

所属プランナーが受賞している場合は各業者のホームページなどでPRしていますので、チェックしてみましょう。

また、デザイナーが1人だけでなく数人所属している業者ですと、デザインのバリエーションも多く、万が一提案されたデザインがあまり気に入らない場合でも、別の設計者に再提案を依頼することも可能になります。

しかし、プランナーが依頼主と直接対面することなく、依頼主からヒアリングした希望内容を営業がプランナーに伝えて図面を描く場合も多いので、依頼主の要望や意図が正確に伝わらない場合もあります。

もし、打ち合わせの場にプランナーも同席してもらうことが可能であれば、お願いしてみるといいでしょう。
その場で簡単なラフスケッチを描いてくれたりしますので、お互いにイメージを共有しやすくなります。

自分の好みに合うデザイナーを探すには

せっかく外構工事をするなら、少しでも素敵なデザインに仕上げたいですよね。

しかし、好みのデザインというのは人それぞれ違いますので、自分の好みに近いデザインを得意としている業者と出会うことがとても重要となります。

外構デザインと一口に言っても、様々なジャンルがあります。

シンプルモダン、和モダン、ナチュラル、ヨーロピアンなど、その住宅に合ったデザインの外構をセンス良く設計してもらいたいところですが、業者によってそれぞれ得意としているデザインは異なります。

依頼主が業者のホームページなどを見て、好みのデザインを得意としている業者がどれなのか、独自に見つけることは簡単ではありません。

そんなときでも活躍するのがマッチングサイトです。

エクステリアの匠では、これまでに多くの依頼主からの問い合わせを頂き、ご要望をうかがい、適した業者を数多く紹介してきたという経験がありますので、ご希望のデザインを得意とする業者をご紹介することが可能です。

エクステリアプランナーの資格を持ったスタッフがお客様のご予算やご要望をしっかりおうかがいして、最適な業者を選出して無料にてご紹介しますので、素敵な外構デザインの設計をご希望でしたら、マッチングサービスを利用してみるのが安心です。


家づくりへの思い

エクステリア事業部長 中島悠太

はじめまして、エクステリア事業部長の中島と申します。
くらそうねエクステリアと他のサービスの最も大きな違いは「家づくりへの思い」です。

くらそうねエクステリアは、年間5,000件ものお客様からご相談をいただいていますが、多くの方が家づくりのワクワク感と不安を両方抱えていらっしゃいます。

私達はそんなお客様のお悩みを解決し、「家づくりを もっと楽しく 分かりやすく 適正にしたい」という思いでサービスを提供しています。
私自身もともとハウスメーカーで営業をしていましたが、メーカーの手が届かないところをお手伝いすることで、お客様には良い家づくりを実現していただきたいと考えています。

株式会社クラッソーネエクステリア事業部長 中島悠太

デザインも費用も納得の外構工事を

ご相談はこちらから※申し込み後に外構業者からの営業電話はございませんので、ご安心ください。