外構工事をする際に、「失敗したくない」という思いがいちばん強くなるのは誰もが同じだと思います。後悔のない工事をするために、ぜひとも優良な業者と出会いたいものですよね。

そのためには、実際にその業者を利用した人のリアルな声を聞いてみたいところですが、口コミの良い業者をどのようにして探せばいいのでしょうか。

口コミの良い外構業者を探すには、各社のホームページを見てみたり、従来と同じように知り合いから教えてもらったり、近所での評判を聞いてみたりするしかないと言えます。

しかし、ほぼオーダーメイドで作っていく外構は、誰かにとって満足した外構でも、自分にとっても同じように満足できるとは限りません。口コミの評判は鵜呑みにせず、あくまでも参考程度に考えていただいて、ご自身の要望にマッチした業者を探すことを前提に選んでいただくことをおすすめします。

各社のホームページをじっくりチェックする方法

かつては、タウンページなどに広告を出すなどの方法でしかエンドユーザーから見つけてもらうことができませんでしたが、インターネットがこれだけ普及している現在は、自社のホームページを持っている業者もたくさんいます。

しかし、業者自身で管理しているホームページに掲載されている情報は、当然ながら自社に有利な情報を載せますので、実際の依頼者たちの評価とはまた別であることも念頭に置きながら閲覧してください。

『(地域名) 外構業者』 『(地域名) エクステリア』 と検索すればたくさんの外構業者のホームページがヒットすると思いますが、信頼できる業者を見分けることのできるチェックポイントがいくつかありますので、ご紹介します。

施工したお客様の声が掲載されている

過去に工事をした外構の完成写真や、お客様と担当者が一緒に写っている写真があるなど、具体的な内容で施工事例が載っていると、安心して頼める業者と言えるでしょう。

また、事例の数も多く、最近の実績までしっかり更新されているかどうかもチェックしてみてください。

デザイン図も公開されていると、より親切です。

更新頻度の高い社内ブログを公開している

現在工事中の現場の様子などをこまめにブログに掲載している業者は、「規定をしっかり守って工事している現場を見てほしい」という気持ちがあるため、誠実な業者と言えます。

ホームページを放置せずにきちんと更新していることも、依頼が多く活気のある業者であるという証拠です。

展示場を設け、定期的にイベントを開催している

その業者がどんなデザインを得意としているのか知るためには、ハウスメーカーで言えばモデルルームにあたるような展示場を実際に目で見ることができれば、非常に安心です。

外構業者にも規模の大小がありますので、自社の展示場を持っている業者は多いとは言えませんが、もし近くの外構業者に展示場があればぜひ覗いてみてください。

ハウスメーカーの「住まいフェア」のように、展示場で定期的なイベントを開催していれば気軽に楽しみながら業者と話すことができますので、ホームページなどで情報をチェックしてみましょう。

スタッフ紹介のページがある

各スタッフがホームページでしっかり顔写真付きで紹介されていると、依頼する側が「この人が相談に乗ってくれる」「この人たちが実際の工事を進めてくれるらしい」と安心できることを見越して掲載をしてくれているので、親切なホームページと言えます。

他にも、設計担当者の中にコンクール受賞経験のあるスタッフがいたり、リクルート情報が載っていることも優良企業と言えるポイントです。

地域の掲示板サイトなどで目にする口コミ

地域ごとの各種の生活情報が集まる掲示板サイトなどでは、外構に関する情報が寄せられていることもあります。

業者自身が管理しているホームページとは違い、良い評価も悪い評価も含めた、利用者のリアルで正直な声を知ることができます。

しかし、発言に責任が発生しない匿名性があるため、中には間違った情報を書き込んでいることもありますし、サクラやなりすましといった可能性も考えられます。

信頼できる評価だと判断するには、口コミ数もある程度集まっている必要がありますので、ある業者に対しての口コミがひとつやふたつほどでは、あまり信用できる情報ではないと言えます。

マッチングサービスを使って優良業者を知る

「どこが親切で腕のいい業者なのか分からない」といったお悩みを解消するためにあるのが、マッチングサービスです。

エンドユーザーからの問い合わせを増やしたいと考える外構業者がマッチングサイトに登録していて、同じ地域のお客様からの問い合わせがあった際に結婚相談所のように業者とお客様を引き合わせるサービスです。

マッチングサイト内に業者の口コミや評価がいくつか載っているサイトもあるので、口コミを参考にしつつマッチングサービスに相談しておすすめの業者を紹介してもらうのも優良業者に出会える方法のひとつです。

工事現場を観察してみる

展示場を設けている業者があれば見学をおすすめすると先述しましたが、やはり実際の現場を見ることができるのは重要な判断ポイントです。

近所でもし外構工事を進めている現場に遭遇した場合、せっかくなので工事の様子を見させてもらうといいでしょう。

その場合にチェックすべきポイントは以下の3点です。

1.現場が整理整頓・清掃されているか

煩雑な現場は工事の進め方も煩雑と言わざるを得ません。資材が乱雑に置かれていないか、地面や道路をしっかり水洗いしてから一日の作業を終えているか、車両の停め方に問題はないか等を見てください。

2.職人さんのマナー

現場で働いている職人さんの身だしなみや行動でも、その業者の善し悪しがわかります。しっかりヘルメットを被っているか、タバコを吸いながら作業していないか、天候に問題がないのに工事を空ける日が多くないか、人の様子を観察してみてください。

3.完成後の仕上がりを見てどう思うか

完成した外構を見て、そのデザインや仕上がりが自分の好みかどうか、綺麗な仕上がりになっているかチェックしてみましょう。

もし一度見積りをお願いしてみたいと思った場合は、現場にあるカラーコーンや車両に記載のある会社名を調べて連絡してみてもいいですし、現場の人に声をかけてみてもいいでしょう。


家づくりへの思い

エクステリア事業部長 中島悠太

はじめまして、エクステリア事業部長の中島と申します。
エクステリアの匠と他のサービスの最も大きな違いは「家づくりへの思い」です。

エクステリアの匠は、年間5,000件ものお客様からご相談をいただいていますが、多くの方が家づくりのワクワク感と不安を両方抱えていらっしゃいます。

私達はそんなお客様のお悩みを解決し、「家づくりを もっと楽しく 分かりやすく 適正にしたい」という思いでサービスを提供しています。
私自身もともとハウスメーカーで営業をしていましたが、メーカーの手が届かないところをお手伝いすることで、お客様には良い家づくりを実現していただきたいと考えています。

株式会社クラッソーネエクステリア事業部長 中島悠太

デザインも費用も納得の外構工事を

ご相談はこちらから※申し込み後に外構業者からの営業電話はございませんので、ご安心ください。