近年では、顧客のニーズに伴って造園業者とエクステリア業者の請け負い内容はかなり似てきていますが、エクステリア工事一式も請け負う会社なのに「○○造園」という会社名がついている場合は、本来は造園業が専門だった業者がほとんどです。

フェンス・塀の設置や駐車場の工事など、造園以外の工事も請け負ってくれますが、やはり造園の知識や経験が豊富ですので、植栽や庭園に関する工事は造園業者に依頼したほうが確実ですし、コストが下がる可能性もあります。

では、「造園業者」とは具体的にどんな工事をしてくれるのでしょうか。

昔ながらの「庭師」さんという職業

和風住宅が主だった時代には、各住宅には和風の庭や生け垣など様々な植栽があり、それらを剪定したり、状態を見てくれる庭師さんがいました。

大きな松などは素人では剪定や維持が難しく、「植物のお医者さん」である庭師さんが訪問するタイミングを見て、適切な処置をしてくれます。

庭師さんが請け負う仕事を造園業と言いますが、現在の造園業者が専門としているのは植栽だけでなく、池や大きな庭石・灯篭の設置など、和風庭園でよく見かける庭園デザインに関してもプロフェッショナルです。

他には、企業の工場やテーマパークなどにある大きな木や生垣、芝生などの手入れや植え替え、最近では複合施設や企業の屋上緑化・壁面緑化など、植栽を扱っているところで活躍しているのが造園業者です。

造園業者に頼むべき工事

現在では和風庭園を持つ住宅は減ってきましたが、目隠し用の生け垣やシンボルツリー、花壇や家庭菜園など、建物の周囲に植栽を植えている住宅は今もたくさんあります。

造園業者は植物に関しての専門知識を持っていますので、その地域の気候や日当たり、家の方角に合わせた植栽を提案してくれます。

北向きであれば日陰に強い植栽、西向きであれば西日に強い植栽など、その場所に最適な植物の知識を持ち、お客様の庭の使い方や家の間取りにも意識を向けた提案が可能です。

外からの視線が気になる場合に有効な木、和室から見えると素敵な植栽、庭でプールやバーベキューをするための日陰となる木を植えてもらったり、庭に少し手を加えたいけどあまり手がかからないものをご希望の方や、花壇や家庭菜園スペースなどのアドバイスも的確です。

庭づくりのプロならではの仕事

庭石の選定、設置にもプロの仕事

和風庭園に置く庭石は、植栽に合わせての配置や、石のどの面を見せることがその石の形のよさを最大限に引き出せるかなど、しっかりと計算して設置することが大切です。

造園業者でしたら、味わいのある立派な庭石や沓脱石などを保有しているため、本格的な和風庭園を希望される方には風合いのある庭石を提供してくれることもあります。

池の設置や洋風庭園、立体的な設計なども得意

日本庭園でよく見る、鯉が泳いでいる池の工事も造園業者の専門分野ですし、和室から庭を見たときにちょうど目線の位置で美しい風景になるようなデザインをしてくれます。

和風庭園のみでなく洋風の庭園デザインも提案可能ですので、イングリッシュガーデンにあるような、バラやツル系の植物を這わせた緑のアーチを設置したいという要望などにも応えてくれるのが「お庭の専門家」である造園業者の請け負い工事となります。


家づくりへの思い

エクステリア事業部長 中島悠太

はじめまして、エクステリア事業部長の中島と申します。
エクステリアの匠と他のサービスの最も大きな違いは「家づくりへの思い」です。

エクステリアの匠は、年間5,000件ものお客様からご相談をいただいていますが、多くの方が家づくりのワクワク感と不安を両方抱えていらっしゃいます。

私達はそんなお客様のお悩みを解決し、「家づくりを もっと楽しく 分かりやすく 適正にしたい」という思いでサービスを提供しています。
私自身もともとハウスメーカーで営業をしていましたが、メーカーの手が届かないところをお手伝いすることで、お客様には良い家づくりを実現していただきたいと考えています。

株式会社クラッソーネエクステリア事業部長 中島悠太

デザインも費用も納得の外構工事を

ご相談はこちらから※申し込み後に外構業者からの営業電話はございませんので、ご安心ください。